メッセージボックス

当サイトは Pebble watch とは何の関係もありません。「pebble」で検索して来られた方はごめんなさい。

【お知らせ】 
2016-03-26 2年ほどWindowsに戻っていましたが、Ubuntu16.04で再びUbuntuを使おうと思ってます。

Adsense

2013年1月15日火曜日

Java7の脆弱性解決(Update11)。

Java7Update10の重大な脆弱性がアナウンスされて数日。
Oracleから、対策されたUpdate11が公開されました。

Oracle、Java 7 Update 11を公開 脆弱性に対処
(2013/01/14 - ITmediaニュース)

Windowsの人は自動アップデータが有りますが
前回の記事でも書いたとおり
自動アップデートは、すぐにはされませんので
まだJava7Update10以前をお使いの方は
Java.comで直接インストーラを取得されて下さい。
ちなみにJava.comでのバージョンの確認は出来ません。
多くのブラウザでこの脆弱性対策のために
Javaプラグインが自動的に無効にされています。
※一応ブラウザの通知でプラグインのJavaバージョンはわかります

Ubuntuの人は自動アップデータが有りませんので
自分で管理しないといけないのですが
WebUpd8のリポジトリを登録しておけば WebUpd8経由で
自動的に最新のJavaにしてくれる(但しWebUpd8次第)ので
UbuntuでJavaアプリ(やプラグイン)を使っている方は
是非ともWebUpd8のリポジトリを登録することをオススメします。

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java7-installer

Oracle Releases Java 7 Update 11 (7u11) To Fix Critical Security Vulnerability, Ubuntu PPA Updated
(2013/01/14 - WebUpd8)

Windowsの人もUbuntuの人も
現在のJavaのバージョンを簡単に調べるには
端末(Windowsはcmd.exe、Ubuntuはgnome-terminal)を起動して
java -version
と打ち込めばわかります。
もう少し詳しく書くと
【Windows】Winキー+Rの後、ファイル名を「cmd.exe」でEnter
【Ubuntu】Ctrl+Alt+Tで端末起動


Javaアプリの中には便利なものも有り
私もV2Cなどを使っているのですが
本当にAbobeとJavaは鬼門ですねw


0 件のコメント:

コメントを投稿