メッセージボックス

当サイトは Pebble watch とは何の関係もありません。「pebble」で検索して来られた方はごめんなさい。

【お知らせ】 
2016-03-26 2年ほどWindowsに戻っていましたが、Ubuntu16.04で再びUbuntuを使おうと思ってます。

Adsense

2012年11月15日木曜日

Amazon Cloud Player。

突然 Amazon Cloud Player が日本で開始されました。
びっくりです。

「Amazon Cloud Player」日本でも開始、購入楽曲を複数端末で再生可能
(INTERNET Watch)

当然 Windowsでは専用アプリ(MP3ダウンローダ)でサポートされますので
Ubuntuで使えるか調べてみました。

その前に
Amazon Cloud Player はブラウザ上で使えますので
専用アプリが無くとも、結論的にはどんなOSでも対応しますので
ここではブラウザ以外の音楽プレイヤーで使えるかを見てみました。

調べたら banshee (v2以降)で使えるようです。
Ubuntu標準のrhythmboxと、私が愛用していたclementineでは出来ないようです。

試しに banshee を Ubuntu 12.10上にインストールしてみました。
標準リポジトリ上にありますので、そのまま

$ sudo apt-get install banshee

でインストール出来ます。

立ち上げると、すでに左のタグに「Amazon MP3ストア」があります。
これから先は内部ブラウザで動かしているようです。
この無料のmp3を買ってみます。
そのまま Cloud Player に移動してみます。
今まではここから先が出来なかったのですが
Cloud Player の画面に移行しました。再生ボタンは下のようですね。
マウスカーソルの所でも再生ボタンは出てきてます。
ストリーミング再生してくれます。

ただ残念なことは、クラウドへの手持ちの曲のアップロードが出来ません。
あくまでも Amazon MP3ストアで購入した曲のみがクラウド保存されるだけです。
このへんは「日本への計らい」なんでしょうね。
早急に解決していただきたいものです。

日本でも著作権法の改正(違法ダウンロードの刑事罰化) ができたのだから
その名目で、あの Sony がなりふりかまわず iTunes に楽曲提供を始めたのだから
海外では当たり前の「まともな」コンテンツ事情に沿って欲しいよ。


今、CDが売れない売れないと騒いでいますが
結局48系やJ系以外のアーティストをメディアで紹介することをせずに
ただ売れるからとベスト盤やカバー盤を大量生産している現状のJ-POPに
未来なんかないでしょう。


私にとって、青春時代の「まさに神」。
輸入盤だとこんなに安いのにね。
Paint A Vulgar Picture は8曲目、このアルバムを最後に解散。

ちなみに「The Smiths」はAmazon MP3ストアにもあります。(このアルバムは無いけど。)