メッセージボックス

当サイトは Pebble watch とは何の関係もありません。「pebble」で検索して来られた方はごめんなさい。

【お知らせ】 
2016-03-26 2年ほどWindowsに戻っていましたが、Ubuntu16.04で再びUbuntuを使おうと思ってます。

Adsense

2013年5月29日水曜日

emaraldが復活です。

ほとんど1ヶ月ぶりの更新で、すみません。


本題。
WebUpd8でemeraldが12.04以降で使えるよ
というアナウンスがありましたので
久しぶりに emeraldを使ってみました。

How To Install Emerald In Ubuntu 13.04, 12.10 Or 12.04 [PPA]
(WebUpd8 - 2013/05/24)

emerald っていうのは
compizが動いている環境で使えるウィンドウ枠の装飾で
基本この窓枠は compiz-decorator というのが動いているのですが
それと差し替えて窓枠をオシャレにしてくれるパッケージです。

実際に見てもらった方が早いですね。

まずは普通の状態の窓枠。

で、下が emeraldに差し替えた窓枠
(emeraldのテーマは、私の大好きな「94292-LiteVeiha」です)
枠の後ろが透けているのがわかるように「観覧車の壁紙」にしています。

※emerald 0.9.5になってから 窓枠の横と下のスクショが撮れなくなっています。
0.8.8の時はちゃんと横と下の枠も込みで撮れたのですが…。


ウィンドウ枠をemeraldに変えたい時は WebUpd8のPPAを入れます。

$
$
$

Compiz設定マネージャを入れていない方は、下のコマンドも打って下さい。
$

emeraldに変更する時は
まずは気に入ったemeraldのテーマを gnome-look.org の Beryl タグから選んで
ダウンロードします。

※emerald theme manager は Beryl開発なのです。(ここらへん面倒臭い)

Dashから emerald theme manager を立ち上げて
ダウンロードしたテーマ(.emerald)を そのまま Import します。
「テーマを編集」タグで細かい修正(フォントなり)を行って「保存」します。
このままでは何も変わりませんので Compizでemeraldを使うようにします。

Compiz設定マネージャを立ち上げて、下の方「ウィンドウの装飾」を選んで下さい。
(最初に設定マネージャを立ち上げた時に注意書きが出ますが気にせずに。)
選んだ画面の一番上のボックス内を

/usr/bin/compiz-decorator → /usr/bin/emerald --replace

に書き換えて、一度ログアウトして下さい。
再びログインしたらウィンドウ枠が emerald に変わっているはずです。


普通に Unityを使っている人は Compizが動いているのでemeraldが使えますが
他のデスクトップ環境を使っている方は少し難儀します。
ただ出来ないことはないようですので、やりたい方はご自身で調べてみて下さい。
※GNOME3はウィンドウマネージャが Mutterに変わったので Compizは使えません。

本題ここまで。





以下、しばらくは趣味のコーナー。
いまさらながらももクロにどっぷりハマっている私ですが
BABYMETALも気になっているところ。
最初聞いた時に
女の子二人(YUI&MOA)、合いの手ぐらいで特に歌わないのでいらなくね?
と思ったのですが、wikiで見たらBABYMETALは「ダンスユニット」だそうで
ああなるほど、と。
でも音楽「が」いいんですけどね。
6月19日には「メギツネ」がリリースされるそうです。

メギツネは音源がないので、有名な「ヘドバンギャー!!」を代わりに。

ここまでBABYMETAL。

つけてみそみそー、かけてみそみそー、しゅとかえてみそー
が頭の中で無限ループのいまの私。

0 件のコメント:

コメントを投稿